ライブ配信のアルバイトは稼げる?元ライバーが教えます

ライブ配信 やってみた

こんにちは、ひらぴすです。

わたしは、一時期副業としてライブ配信をしていました。

 

やったことがない人にとってはどんなことをするのかイメージがつかないと思います。

半年間ほど挑戦した私が、ライブ配信では実際どんなことをするのか、どれくらい稼いでいたのかなどを書いていきたいと思います。

 

この記事はこんな人におすすめです

変わったバイトがしたい人
副業に興味がある人
人気になりたい人

 

ライブ配信をはじめたきっかけ

偶然会った女子大生がライバーだった。

ライブ配信がアルバイトになると知ったのは、就職前によく参加していたマーケティングのイベントでした。

同じ班にいた就活中の可愛い学生の子とおしゃべりしていたとき、その子が「ライバーのバイトしてるんです」と言ったんです。

 

「ライバー・・・・?なんじゃそりゃ」って感じでした。

 

家で普通にバイト代稼いでる

 

聞くと、ライバーとはライブ配信者のことでした。

時給1000円で1日2時間、毎日やるので家にいながら月5〜6万円は稼いでいるとのこと。

 

可愛い子しか出来ないんだろ?

正直「なんてずるいんだ・・・」と思いました。笑

「可愛い子は芸能人みたいな仕事ができるのか。。わたしも可愛かったらやってみたかった」と完全に自己嫌悪になりました。

ふとん
ひらぴす

このときは、まさか自分がやることになるとは思わなかった。

 

友人からの突然のメッセージ

その後普通に就職したんですが、ある日、人脈が広い男友達からFacebookのメッセージが来ました。

友達がライバー事務所の立ち上げしてるんだけど、ライバーやってみない?

え。わたしでいいの??

自分とは縁のない世界だと思っていましたが、この一言がきっかけで、大手PR会社が運営するライバー事務所に加入することになったのでした。

 

ふとん
ひらぴす

目立ちたがりやだし、やったことないことはやってみたい私にとって断る理由はなかった。

 

どんなことするの?

とにかくやってみなければ始まらないということで、開始。

リスナーさんと会話

ライブ配信中は自分がずっと話すと言うよりは、会話が基本になります。

リスナーさんは8割以上男性です。とくに年配の人が多いです。

ド初心者でも、毎日やっていれば徐々に見る人は増えてきます。

イベントに出場

「この1週間で誰がいちばん投げ銭してもらえるか?!」と競うのがイベントです。

キャバクラやホストの「月間ナンバーワン」みたいな制度と一緒です。

ある程度結果を残すと、ぬいぐるみが家に届きます。

これは初心者限定イベント?でもらったものです。

 

タイムライン投稿やグループもりあげ

ライブのとき以外にも、アプリ内でのタイムライン投稿や、ファンクラブのようなグループに投稿して盛り上げて人気を上げていきます。

キャバ嬢やホストがLINEで営業するのと似たようなものです。

 

可愛い子しかできないんじゃないの?

そんなことはありませんでした!

話せたり歌えたり絵がかけたりと、みんなそれぞれの個性を売りにしています。

男性ライバーもけっこういます。

 

使ったライブ配信アプリ

使ったのはイチナナライブとポコチャです。

イチナナライブ

はじめは、イチナナライブから始めました。

特徴としては権力社会と投げ銭の額。

一番高いギフトが10万くらいだった気がします。(今は違うかもだしうろ覚えです)

数百万投げまくる経営者とかが数人いて、アプリやってたらみんな知ってるくらい有名。

ピラミッド構造になっています。

 

ポコチャ

イチナナよりは平和な印象です。

ライバーの給与にかかわるランク付けが相対評価なので、毎日コツコツ頑張る人がランクが上がりやすい仕組み。

ギフトの額が一番高いものでも5000円くらいなので、1日で数十万投げる人はイチナナよりは少ないと思います。

 

収益はどれくらい?

事務所に所属していたので時給制で、時給1000円〜2000円でした。

週5くらいで配信して、少なくて月5万、多くて月8万ほどいただきました。

 

ライブ配信で稼ぐメリット

家でできる

家にいながら働けるのはメリットです。

最近は外出自粛で飲食店など王道のバイトは減っているので、新たな手段になりえます。

 

ファンができる

シンガーソングライターや地下アイドルの人が多くやっています。

歌手などの夢がある人は、自分の活動 していくためのファンを作れます。

 

有名になれるかも

イベントの中には、”雑誌や交通広告の枠”が景品となるものがあります。

1位になると、雑誌にちょっと載れたり、渋谷の広告に載れたりするので、有名になれるかもしれません。

 

ライブ配信で稼ぐデメリット

意外と疲れる

家でできるとはいえ、ライブ中はずっとリスナーと会話しなくてはいけません。

ビデオ会議と同じように、化粧しないといけないし気も使わないと行けないので疲れます。

 

嫌な人が来るとやる気なくなる

ライブは不特定多数の人が見に来ます。セクハラ発言してきたり、明らかに会話が通じない人もいます。

上から目線で叱ってきたりする謎な人もいます。

そういう人は受け流せばいいのですが、不快感はあるしストレスになります。

 

DM送ってくる人がいる

DMでプライベートで仲良くしようとしてくる人もいます。。。。。。。。。。

毎日ファンを増やそうと頑張っているときほど、「断ったら配信中に嫌がらせされるかもしれない」などの心理が働いてなかなか対処に困ります。つら。

 

まとめ

目的がはっきりしているならあり。

歌手やアイドルを目指している!という方には、夢に近づきつつお金も稼げるので、とてもいいバイトだと思います。

キャバクラと同じように、変なお客さんをかわす精神力も必要となるので、そこは注意が必要です。

 

 

わたしは厳密にはまだ事務所に所属はしていてアカウントもあるのですが、なんのためにやってるのかわからなくなったので最近はやってません。

気が向いたらやるとおもいます。

 

今日はこのへんで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました