港区のタワマンに住んだら人生成功か

生き方

この前、港区のタワマンに遊びに行きました。

華金。港区海岸。タワマン。

いい香りのする広い部屋。

おおきなモニター。

高級感のある家具。

「タワマン住みたい!」ってなるかと思いきや。

「ひろくてすてきなおうちに住んでだから幸せ、では決して無いのだな」と冷静に思っている自分がいました。

独身貴族は、やっぱりどっか寂しそうだ、と感じたんです。

どれだけきれいに繕っていても、洗濯機のよこのホコリを見たときになるほどな、と。

男性側の経験人数が多かったりへたに称賛されてきちゃったから、人を信じられなくて、発言が冷淡なんですよね。

「女子大はバカそうだから無理」とか

「ババアと飲むのやめたらめっちゃ時間できたわ」とか

女性の前で平気で言っちゃう感じ。

あとは、「先見えてるし仕事退屈」とか言ってる有名商社マン。

なんでやめないのかきくと、「ほかにやりたいことない」って。

みんな、世間の名声に則って生きている。

乗っ取りすぎて自分の幸せ見失っている。

有名学歴と有名会社で、甘い蜜を吸った。

吸い終わって飽きたし減ってきた。

さて、じゃあどうするか、、、女はカネ目当てばっかだし、給料いいから辞める理由ないし。

って感じなんだと思う。

リアル『東京男子図鑑』を見ているようだった。

東京男子図鑑 | 関西テレビ放送 カンテレ
あなたの目に映る東京は、 どんな街ですか? これは、ある東京男子の20年間の物語。金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね、翔太が辿り着いた場所とは……。

みてみてね。

自分の幸せと他人の幸せは混同しないように生きよう、と強く誓った夜(朝)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました